お腹の脂肪の原因と解消レシピ

お腹の脂肪がなかなか落ちない原因

お腹周り,原因,解消,レシピ,ウエスト,くびれ,内臓脂肪,皮下脂肪

 

お腹周りの脂肪が中々落ちにくい原因は、ウォーキングやジョギング等の有酸素運動だけを行っているケースが考えられます。有酸素運動だけを行っていると、脂肪が上手く落ちない体質に変わります。少ないエネルギーで長時間の運動が可能な省エネ体質になり、省エネ体質になると消費カロリーが多い筋肉が減らされてしまいます。

 

脂肪は貴重なエネルギー源として出来るだけ残しておきたいので、お腹周りの脂肪は効率良く落ちない事になります。有酸素運動で効率良く脂肪を落とすには、筋肉が落ちないように筋トレを行って筋肉を増やす事です。

 

筋肉が増えると消費カロリーが増加して脂肪燃焼体質になれるので、日常的に運動を行った時に脂肪の燃焼効率もアップします。有酸素運動のやり方が間違っている場合もあり、食後に行っていると身体に糖質が残っているので予備の脂肪を燃やす必要がなくなります。

 

血糖値が上がり糖質エネルギーが優先的に使われるので、血糖値が下がる空腹時に行う方がベストタイミングです。脂肪が燃焼するには酸素が不可欠で、運動の強度を上げると息が苦しくなり酸素が不足してしまいます。

 

脂肪燃焼効率が低下し、代わりに糖質エネルギーの利用配分が増えてしまい、全てが脂肪の燃焼分でなくなります。また、有酸素運動は20分以上行わないと効果が出ないので、継続時間が短い場合もお腹の脂肪が落ちにくい原因として考えられます。

お腹の内臓脂肪と皮下脂肪

お腹周り,原因,解消,レシピ,ウエスト,くびれ,内臓脂肪,皮下脂肪

 

内臓脂肪は皮下脂肪に比べると、生活習慣の影響を受けやすいです。また女性に比べて男性に多く蓄積されやすい性質を持っています。男女の違いはホルモンや筋肉量の違いが得影響され、女性は内臓脂肪が蓄積されにくい分お尻や太もも等に皮下脂肪が付きやすいと言われています。

 

内臓脂肪は糖尿病や高血圧症や高脂血症等の生活習慣病を引き起こす原因である事が分かっています。内臓脂肪は皮下脂肪に比べると、蓄積されうのは早いが落ちるのも早いです。原因になっている生活習慣を改善出来ると、元の状態に戻れます。

 

皮下脂肪はダイエットを行っても、最後まで残ってしまう部分が皮下脂肪です。皮下脂肪は徐々に体内に蓄積されていく性質があり、取り除く事にも相応の時間を必要とします。皮下脂肪は女性の体型を作る時には、メリットになる要素を持っています。

 

男性の場合は、太っていたりたるんでいたりしてイメージの悪さが先行してしまいます。皮下脂肪は食事制限や運動に加えて、直接的なマッサージを試みる事でも減らせます。皮下脂肪を減らすには、根気と時間が必要で、強い意志を持ち続ける事がダイエットへの必須条件になります。

くびれができにくい人の特徴!

お腹周り,原因,解消,レシピ,ウエスト,くびれ,内臓脂肪,皮下脂肪

 

くびれができやすいかどうかというのは、肋骨と骨盤の距離が関係しており、基本的にはこの距離が短い人はくびれにくいです。これは遺伝的なものが大きく影響しており、身長や胴の長さ、肋骨と骨盤の位置などで大きく変わってきます。

 

目安としては、肋骨と骨盤の間の骨が当たらないスペースに、指が4本ほど入る隙間があると、くびれやすい体型であるといえます。こうした先天的な理由もありますが、後天的な理由、つまり日々の生活習慣もくびれの出来やすさに大きな差が出てきます。

 

デスクワークなど座り仕事が多い人や、スマホなどを使用する際に前のめりになってしまう、所謂、客観的に姿勢が悪いと言われがちな人は、お腹周りの筋肉が衰えてしまうために、肋骨と骨盤の距離が狭くなりがちです。

 

これがくびれにくい体型を作ってしまうのです。また、食生活の習慣も大きな影響を及ぼします。食物繊維や水分を取り入れる習慣がないと、腸内環境が悪化するので、便秘になりがちです。慢性的な便秘に悩まされている人はお腹にガスが溜まっている状態になるため、下っ腹が出て、メリハリのない体型になってしまいます。

 

そのメリハリのない体型を改善するためには、日々の習慣を見直したり、エクササイズを取り入れたりすると良いでしょう。

ポッコリお腹を解消する食事やレシピ

お腹周り,原因,解消,レシピ,ウエスト,くびれ,内臓脂肪,皮下脂肪

 

ポッコリお腹を改善するための食生活として大切なポイントは、腸内環境を整える食品や、水溶性食物繊維が豊富に含まれているものを積極的に摂り入れることです。善玉菌を増やす働きのあるビフィズス菌や、乳酸菌が多く含まれている発酵食品は腸内環境を整えて、老廃物の排出を促し、便秘を解消する効果があります。

 

また、その善玉菌を増やす働きがあるのが水溶性食物繊維であり、固くなった便を柔らかくすることができるのです。便秘になると、お腹周りにガスが溜まった状態になるため、皮下脂肪がついて、メリハリのないボディになってしまいます。

 

便秘を改善することは、ポッコリお腹を解消することに、それほど大きな効果が得られるのです。具体的な食材としては、ヨーグルトやチーズ、味噌、海草類、こんにゃくなどが代表的です。また、炭水化物はお腹の肉をつける大きな原因となりますが、これを極端に減らすことは体の代謝を悪くすることになるので、それによって脂肪が落ちにくい体型になってしまいます。

 

炭水化物を減らす量は適度にするといいでしょう。ポッコリお腹を解消するために効果的なレシピとして、無糖のヨーグルト200gにはちみつ大さじ1を入れるのが効果的です。はちみつには整腸作用があるので、ヨーグルトと一緒に取り入れることで、より強い効果が期待できますし、美味しく楽しむことができます。

 

食生活を見直すことで、スッキリとしたくびれのあるメリハリボディを目指しましょう。

セブンデイズカラースムージーの通販購入はこちら!トップページへダイエットしてもすぐリバウンドする方、食事制限がストレスに感じる方は、トップページのセブンデイズカラースムージーの詳細も確認してみてください。